ダイエット結果報告!10kg痩せてどうなった?

血液検査の結果 ダイエット(食生活)
ダイエット後の血液検査の結果について

先日、健康診断のための血液検査をしてきました。職場でですが。

今日、血液検査の結果が出てきたのでチェックしていこうと思います。

今回の記事は、

10kg痩せた結果、血液検査にどんな変化が起きたのか?

という内容です。健診の基準値は厳しいけど、検査値的にはほぼ正常に戻っています。

アドセンス広告です

血液検査等の結果の公表

今年と過去3年間の結果一覧。昨年まではかなりひどいね!

・・・10kg痩せていないじゃんと思われた方へ。

R1年の8月に70kgを超えていて、この時からダイエットを始めているので、このピークから-10kgの減量をしています。最近60kgを切ったのですが、当日少し戻しました・・・

全体的に赤字が少なくなっていて問題なさそうな雰囲気ですネ。各項目を解説していきたいと思います。

項目の解説と私の結果の評価

BMI:Body Mass Index(体格係数)

体重と身長で決まる値です。標準が18.5-25.0と言われています。ただ、25.0まではOKということではありません。私の場合はそこまでいかなくてもかなり血液検査の結果が悪かったので、BMIだけで健康の良し悪しを判断するのは大変危険です。

中性脂肪

主に食事などの後に上昇しやすい値です。とにかく変動しやすいので、正確な値を測るには、12時間の絶食の後に検査しなければいけません。私はかなりの高脂血症で薬を飲んでいますが、痩せたことでかなりいい値に落ち着きました。

HDL-コレステロール、LDL-コレステロール

LDLコレステロールは一般に「悪玉」と呼ばれ、HDL-コレステロールは 「善玉」と呼ばれています。

LDL-コレステロールは、コレステロールを全身に届ける役割、HDL-コレステロールは、血管にある余分なコレステロールを肝臓に戻す役割があるそうです。従来はそれぞれ独立した指標で見ていましたが、最近は「LH比」という考え方が重視されてきているようです。

LH比とはLDL-コレステロール÷HDL-コレステロールで計算される値で、私の場合だと、2.53です。

LH比が2.5以上だと動脈硬化や血栓のリスクが高いとされているとのことで、私はギリギリアウトですね・・・( ノД`)シクシク…

基準値としては、ほかの病気がない場合は2.0以下、高血圧や糖尿病がある場合や心筋梗塞などの病歴がある場合は1.5以下が良いとされているようです。LDL-コレステロール下げないといかんです!

GOT(AST)、GPT(ALT)、γーGTP

肝臓・胆管系に異常が起きると高くなる値です。特にGOT(AST)、GPT(ALT)は肝機能を示す有名な項目、γーGTPは胆嚢まわりの機能を示す項目です。肝臓は、脂肪を消化するために胆汁を出していますが、胆石や腫瘍などで胆汁の流れが滞るとγ-GTPが上昇します。脂肪肝などほかの要因でも上昇しますが、この項目が高い場合は、一度超音波検査をオススメします。

私は脂肪肝がかなり高度だったため、この3つの値が恒常的に高めでした。これが続くと肝硬変になる可能性もあるほか、最近の研究ではNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)という病態から肝臓がんへ移行することもあるとのことですので、脂肪肝はバカにできません!

血糖値、HbA1c

どちらも糖尿病に関する値です。血中のグルコースの値が血糖値で、食事をすると上昇します。通常はインスリンの働きで正常な値を保つようにできています。

HbA1cは、酸素を運ぶヘモグロビンにグルコース(血糖)が結合しているもので、数値は%で表示されます。血糖値が常に高い状態だとHbA1cの割合も高くなります。

今回の健診結果では5.9とかなり減少させることができました。健診の基準値は厳しいので、基準値上は異常値ですが、通常の血液検査では6.2までは正常とされています。とはいえもう少し落としていかないといけませんネ。5.6程度を目指していきたいです。

クレアチニン

クレアチニンは、腎臓の機能を示す項目です。腎機能が悪いと上昇します。男性だと1.0を超えると中等度の腎機能低下とされています。

最近はCKD(慢性腎臓病)という病態が注目されており、クレアチニン値・年齢・性別・身長・体重などでe-GFR(計算による糸球体濾過量)を求められます。クレアチニンが高いとこの値は減少します。私のe-GFRhは49と、あまりよくない値ですが、ここ10年以上値は変わらないです。

※私は以前、腎腫瘍の摘出手術で片腎です。最近の論文によると、腎臓の摘出をすると、長期的に腎機能低下が起こる方が多いとの発表があり、私はこれに当たったのだろうと考えています(昔はそう思われていなった)。

このまま値が変わらなければ問題ないと考えています。

今回の結果をふまえて今後の方針を考える

健診の基準値上、高いとされているHbA1cとLDL-コレステロールの改善をするのが目標になります。

LDL-コレステロールの改善については、EPA-DHAを多く含む青魚をもう少し食べるようにするほか、肉食の比率を抑えるのが良いと考えます。また、毎日摂取しているビタミンEとコストコのfish-oil(EPA-DHAカプセル)は継続か増量の方針を検討する必要があるかもしれません。

HbA1cに関してはもう少し下げていきたいと思っています。昼食はカロリーコントロールの範囲内で自由にやっていましたが、肉から魚や豆類の比率アップと、有酸素運動の継続による体脂肪率の減少、特に内臓脂肪の減少で血糖値を下げ、HbA1c増加を抑える方針で行くのがいいかもしれません。

論文では、メトホルミンという糖尿病薬が健康に良いとされる発表があり、ちょっと興味があります。半年くらい飲んでみて人柱報告でもしてみようかな・・・

さいごに

コメント

タイトルとURLをコピーしました