ダイエットに必要なモチベーションの保ち方

ダイエットに必要なメンタル ダイエット(生活)

ここ1年と少しで-10kgを達成しました。今回の記事は、

目標のハードルは低く、自分で自分をほめて伸ばそう

という内容です。こまめに目標達成、目線は長期、見返せば結構いい感じで続いている!というお話です。

アドセンス広告です

ダイエットが長く続かない

自分の過去を振り返っても、ここまできっちりダイエットが成功したのは、10年くらい前に女子大生の栄養指導自習で管理されていた頃以来です。

この頃で-5kg、一時的に60kgを割った(そしてすぐに戻った)という記憶ですが、栄養指導が終わると比較的すぐに元通りでした。

ダイエットだけでなく、ジムのトレーニングなどフィットネスも同様にモチベーションを保つのが難しい分野です。

やるぞ!と意気込んでもそのメンタルは長くは続かないことの方が多いのです。

体重の減少や、筋肉の増加は、すぐには結果が出ないものだし、ダイエット&フィットネスというのは、地味な作業の連続であるからです。

ダイエットは貯金を殖やすのと同じイメージで

話は変わりますが、皆さんはどうやって貯金をしていますか?給料日のあとに定期的に貯金したり、自動引き落としや投資に回している方もいるかもしれません。

ゼロから貯金をする時は、だいたい少額からのスタートになることが多いと思います。というのも、貯金をしてこなかったところからいきなり手取りの半分貯金をしても、すぐに苦しくなるのが目に見えていますよね。

始めは少額から始めて、通帳を見て実績を確認、もう少し多く貯金をするために固定費の削減や買い物の習慣の見直し、貯金の方法の見直し、そしてまた通帳の確認など、やり方をどんどん変えてニンマリするというのが多いのではないでしょうか?

ダイエット&フィットネスも同じで、初めからきついトレーニングや節制をしても、すぐに苦しくなります。これがモティベーションが続かない原因です。

始めは体重計に乗って、体重管理から始めて、ちょっとした運動、食生活の見直し(カロリー管理)などを経て、減った体重をみてニンマリし、こういった地道な作業を繰り返した結果に台っと成功という結果がついてくるのだと考えます。

まさに、「健康とお金は積み立てできる」を地で行く感じですね。

モチベーションを保つ目標設定を!

貯金もダイエットも、目標の設定がないと励みになりません。

ダイエットは目標を達成する手段であって、それ自体が目標ではありません。たとえば、あの服をかっこよく着こなしたいとか、イベントに向けてスリムな体作りをしたいなど、「なりたい姿」などの目標があってはじめて手段を継続する意思が高まるのです。

もちろん私のように、「老後のために健康を積み立てるの目的」でもいいですが、目標体重や血液検査の改善など、具体的な目標を決めることが大事なのです。

目標は2種類、長期と短期を設定する

では、10kgやせます!という目標を掲げましたが、そんなに簡単に達成でいる目標でないことは誰の目から見ても明らかです。

そこで、10kgは長期的(最終的)な目標とし、まずは1kgを1ヶ月で減らすという目標を立てましょう。これが短期的な目標です。10kgに比べたらグッと超えやすいハードルになったのではないかと思います。

目標が決まったら、この1kg減量を達成するのに必要な手段を取ります。このように、小さい目標を少しずつ超えていき、細かく達成感を感じることで次に繋げていきます。ほめて伸ばすをセルフでやるスタイルですね!

また、スタートの1kgは大事だと考えています。ここで取る手段がキツいと後に続かないので注意が必要です。

どんなことでも0を1にすることは大変なのです。こういった長期の活動は、スタートダッシュを決めすぎない方がバテません。

毎日継続ができていなくても気にしすぎない

毎日の生活の中でダイエットを行うわけですから、どうしてもできない日というのはありますし、今日は気分が乗らないなど、ふと投げてしまいたくなる状況もあるでしょう。

問題ありません。その時はしなくてよいです。運動においては、そういう疲労が溜まった時には、軽い負荷で体を動かすことでかえって疲労を抜くという作業もありますが、できないときはできないので、その日はやらないという選択もアリです。

例えば1年という区切りの中で1日や2日サボったところで結果に大きな影響はないと言えます。

後悔はせずに、休息日だと思って休めるのもメンタルを保ち、明日からまた頑張っていこうという考えになるものです。

実際に体重計に毎日乗ってグラフを付けると、2kg近い変動があります。こういった変動で一喜一憂するのも良くないです。カロリー管理をして運動をして、少しずつ結果を出してきているのなら、もっと自信をもっていきましょう!

さいごに

ダイエットにはいろいろな方法があって、自分に合ったものを探すのがいいのですが、結局のところ、カロリー収支と運動の継続はどうしても必要になってきます。この2つを継続して行っていくために、目標設定と達成感の重要性をお話ししました。

長期目線で行動してなりたい自分になったのなら、それをキープすることも難しくないです。

生活の一部に組み込まれるようになれば、リバウンドなどしないはずです。短期間に目標達成するのも悪くないですが、目標達成の後まで考えれば、ゆっくりでも少しずつやった方が良いとかんがています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました