ふるさと納税で実質的な節税をしよう!

furusato-tax お金

今回の記事は、

ふるさと納税で来年度の税金を節約+返礼品GET!
ワンストップ特例制度でらくらく申告

という内容です。控除枠の多い独身世帯にはうれしい制度のように思いますし、確定申告に慣れていないサラリーマンにとっては楽な方が良いですね!

アドセンス広告です

ふるさと納税とは

みなさんも知っての通り、自分が住んでいる自治体以外へ寄付をするという制度です。

寄付を受けた自治体からは返礼品が届き、翌年度の納税額は寄附金額から2,000円を差し引いた金額が控除されます。(要申請)

とはいえ、市場価格で2,000円以上の返礼品であればお得になるという制度ですので、年末に向けて財政に余裕のある方はチャレンジする意味があると思います。

寄付金の限度額は、自分の年収・扶養の有無・他の控除の有無などにもよるので、各ふるさと納税サイトのシミュレーターを使って確認する必要があります。

【楽天市場】ふるさと納税|マイページ - かんたんシミュレーター
控除される税金はいくら?寄付上限額はいく...

返礼品一覧と簡易シミュレーターを見ていると、高額納税者は豪華な返礼品がおおく、うらやましい限りですが、我々独身貴族は年収のわりに控除枠が大きい(控除されるものが少ない)ので納税に向いていると思います。

人気なのは肉や米などの食料品だと思いますが、どこの返礼品がお得かなども大事ですが、生活スタイルに合わせて頼みたいものを頼んだ方が幸せになれると思います。

美味しい肉も悪くないですが、お米の定期配送など、長くお得感を味わえるものもアリだと思います。有名どころのブランド米でなければ量も多くオススメです。この機会にぜひ活用するべきと思います。

ふるさと納税と確定申告

ふるさと納税は、確定申告が必要な場合があります。

1月1日〜12月31日の間に寄付をした自治体数が6自治体以上ある方
寄付をした自治体すべてにワンストップ特例の申請書を提出できなかった方
給与所得者でかつ高額医療費の支払いがあり、医療控除などの申告が必要な方

ふるさと納税は住民税の控除ですので、上記のように控除されるものがあれば、ふるさと納税の限度額にも影響を受けます。

また、住宅ローン控除は初年度のみ確定申告が必要でこの時はワンストップ特例制度が使えません。5自治体以下でも一緒に確定申告をする必要があります。

実際の金額は各ふるさと納税サイトの詳細シミュレーターで計算できますので、源泉徴収票を片手にやってみてください。

https://www.satofull.jp/static/calculation01.php#02

ワンストップ特例制度を利用しよう

サラリーマンの方は、あまり馴染みのない確定申告ですが、上記のようにどうしても必要になることもあります。

いろいろな自治体の返礼品を受けたい気持ちはわかりますが、6自治体以上だと確定申告をする事になり、面倒なことになります。ここはワンストップ特例制度を使える範囲内で利用することをオススメします。

ワンストップ特例制度とは、寄付した自治体へ申請を送ることにより、来年度の納税額を確定申告なしに控除してくれるという制度です。実にサラリーマン向けの制度だと思います。

ワンストップ特例制度が使える条件は、

給与所得者(年収2,000万円未満)である
1年間の寄付先が5自治体以内
申込みのたびに自治体へ申請書を郵送している

です。申請書の郵送は、1つでも忘れていたら確定申告が必要なので確実にやっておきましょう。

※住宅ローン控除やiDeco(確定拠出年金)は、ワンストップ特例制度と併用可能です。控除額がよほど多くない限り、あまり気にする必要ななさそうですが、各ふるさと納税サイトの詳細シミュレーター等でご確認ください。

お得感のあるサイトで購入すること

老舗の「ふるさとチョイス」や「さとふる」などは、ふるさと納税の黎明期からずっと人気のサイトで、私も利用したことがあります。返礼品も多く、目移りしてしまいます。

私が今年予定しているのは、「楽天市場」です。

楽天市場でもふるさと納税ができます。しかも楽天市場のポイントも他の商品と同じようについてきますので、ポイントの増えるタイミングを見計らってポチるのがお得感あります!

ふるさと納税は寄附金額も高いので、ポイントサイト経由・楽天アプリ利用・買い周り(SPU)・ポイントアップする日などのテクニックを利用して購入すれば、何もしないでポチるときと比べると、数百円~数千円程度のポイント獲得ができるので、適当にポチらないことをオススメします。

さいごに

米や消耗品など、定期送付してくれるものもあり、確実に生活の足しになります。いろいろな返礼品がありますので、ぜひ検討してみて下さい。

また、寄付可能な金額を超えてふるさと納税をしないように注意が必要です。シミュレーターの活用は必須ですので、源泉徴収票を見ながら正しい寄附金額の範囲内での利用をお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました