歯は大事!8020運動とは

oralcare 健康

今回は、

自分の歯を残そう!8020とQOLについて

という内容です。自分で噛めることは本当に大事なことです。

アドセンス広告です

歯と健康について反面教師にしている人

うちの実家には85歳になる父親がいます。認知症もあり、プライドの高さからか、介護保険サービスを拒否しています。母親が大変ですが、毎週末帰宅して見守りをしています。
歯も、もう何年も前に全て抜け落ちています。差し歯がちょっと残っている程度です。入れ歯も考えましたが、メンテナンス等を考えると不可能と判断しています。
ごはんは雑炊などの柔らかいものやゼリー等しか食べられません。

よく考えれば、昔からあまり歯磨きなどの健康的なことはせず、歯医者もほぼ行ったことがないような人したのでこの結果は仕方ないと思っています。

このように、現在はうちの父親を反面教師にしているので、より健康を考えていく原因となっています。健康で老後を迎えてピンピンコロリが理想ですね!

8020運動とは

日本歯科学会が提唱している、80歳までに20本の歯を残そうという運動です。
20本あれば、噛むのに支障がないという考えのようです。
食べるという行為はに楽しみの部分も含まれていますし、噛むという行為には認知症の予防など、QOL(Quolity of life:生活の質)の点でも重要な項目です。

「8020(ハチマルニイマル)運動」とは?|8020運動|啓発活動|日本歯科医師会
噛むを学ぶ|日本顎咬合学会

自分の歯の価値について

歯の資産価値についての意識調査が行われたそうで、その調査の結果、日本人の考える歯の価値は1本あたり35万円だったそうです。
歯科学会の提唱する8020運動の通りにいけば、80歳で20本残すことができればそれだけで700万円の価値があるということになります。

人工歯の場合、インプラントとなると1本30~50万円、総インプラントの場合、200~1000万と、見た目や咬合に気を使えて長く使えることを考えれば仕方のない出費でしょうか。

総入れ歯の場合、保険適用で1割負担7,000円程度、自由診療で~50万円と、自分で洗浄やメンテナンスが出来るなら安価とも言えると思います。

このように、自分の歯を守っていければ余計な出費を抑えて食べたいものを食べられるので、歯のケアは必須とも言えます。

歯のケアは歯磨きから

歯磨きは歯のケアの第一歩だと思いますし、みなさんも毎日やっている日課だと思います。歯だけでなく、歯周病ケアも大事です。口腔内メンテはしっかりやりたいですね。

私は奥歯の歯並びが良くないので、普通の歯の人に比べて磨きにかける時間が長く、朝、シャワーを浴びながら時間をかけて磨いています。

ライオンさんのホームページに詳しい歯磨きのやり方が掲載されていますので、一度見ていただくといいかもしれません。意外と知らなかったことも書かれています。

正しい歯の磨き方|歯の健康基礎知識|ライオン
正しい歯磨きについてご紹介します。予防歯科から生まれたクリニカ。

このページによると、歯ブラシ・デンタルフロス、マウスウォッシュを効果的に使って口腔ケアをすることをオススメされています。
タイミングとしては、食べた後、寝る前が効果的のようで、私も歯磨き回数を増やす必要がありそうです^^;

歯ブラシは何を使っているのか

吹奏楽をやっている都合上、練習等で楽器を吹く前に必ず歯磨きをします。食べ残しが管の中に入らないようにという気遣いですが、いろいろな歯ブラシを使っています。

どの歯ブラシもそれぞれいいところがありますが、ホテルの備品みたいなのでなければ何でも大丈夫でした。自分の口や歯に合わせた硬さやサイズを探るのもアリだとおもいます。

私は、家では電動歯ブラシを使用しています。電動歯ブラシもいろいろありますが、私が使っているのはブラウンのOral-Bです。
ブラシが回転するタイプのもので、パワフルに磨けるのが特徴です。ブラシの種類もいろいろありますし、コストコで大量セットで安く入手できますので、重宝しています。

本体価格も5,000程度と安価に購入でき、ドラッグストアでも入手できる容易さもいいところです。歯もツルツルになりますのでオススメの一品です。

さいごに


健康を考えるのに体重だけではダメで、口腔ケアもしていくことで、老後を健康に、豊かにすごすことができる基礎となると思います。
毎日の健康の積立です。少しずつやっていきましょう!

にほんブログ村 その他生活ブログ 日課・生活習慣へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました