マーボーは豆腐と茄子だけじゃない。好きな具材を入れよう!

マーボーなんとか くらし
今回はコストコのえび餃子と業務スーパーのワンタンの冷凍食品コラボです

先日、麻婆茄子を作ろうと思ったら水の量を間違えたので、結局倍作りました。具材が足りなさ過ぎて、マーボーの海で茄子と豆腐が溺れているように見えるという何とも言えない感じになりました。二人分の具材に4人分のマーボー・・・絶対余るやつですね。

・・・いつもじゃないです。たまたまなんですよ!

というわけで、冷凍庫にあるものでもう1品作れないかと冷凍ストッカーを探してみました。

出てきたのはえび餃子とワンタンです。これでなんとか余った分を何とかしたいと思います。

アドセンス広告です

いつもの食べ方

レンチンしたり焼いたり揚げたりしても美味しいですよね!いつもはこんなんです。

普段、手間なし料理で料理へのハードルを下げたいと言っている私ならこれで十分です。ビール飲む方ならこんなんで十分つまみになりますし、もやしのおひたしなんかも添えたら普通におかずにもなりそうです。

または、ワンタンを薄めのたまごスープに浮かべてポン酢で味を調えたりするくらいでしょうか。

えび餃子も鍋に入れる具材として大変優秀ですし、冷凍庫に常にあって困らない具材です。

マーボーなんとかの懐の深さ

数少ない調味料のひとつとしてレトルトの素なんかも常備しています。中華も和風もいろいろそろっていて、何か作る気になった時に、具材だけ揃えたら失敗なくおいしく食べられるのがGOODですね!

マーボーなんかもそのうちの1つで、炒めて素を入れるだけでおいしく食べられますし、味も強いのでおかずにして良し、ごはんにかけて良し、カレー的な使い方をしてもいいですね!

マーボーなんとかを作ってみる

※今回は、マーボー茄子を作って余り過ぎた分を流用する形になります。

とりあえずレンチンしてみる

先に出てきたえび餃子とワンタンをレンチンして火を通します。これくらいの量だと500W5分弱くらいだとそのまま食べられるレベルまで温まります。

余ったマーボーの素加熱中。100均のこれなかなか便利ですね!

えび餃子とワンタンをレンチンする間に、冷蔵庫に入れてあったマーボーの素を加熱します。

冷えたままでもいいですが、温めた方がとろみが固まらないので、具材とからみやすくなります。

レンチンしたえび餃子とワンタン絡め中。なかなかいい感じ!

レンチンがおわったら具材をフライパンにあけてよく絡めます。かけて炒めるだけのレトルトなら、具材と一緒に混ぜてそのままレンチンでもいけそうですね。

※このフライパンは手のひらサイズの小さいものですが、使い勝手が良く1番よく使います。一人分ならこれくらいで十分です。取っ手が取れないのが唯一の欠点です。

マーボーなんとか、完成!(なんとかには好きな具材を入れて下さい)

「マーボーなんとか」完成!

いい感じのお皿に移したらマーボーなんとかの完成です。なんとかには好きな具材を入れて下さいw。シューマイや餃子の冷凍食品なんかもいいと思います。

今日の昼食になりました。ざっくり600kcalくらい

これにラーメンサラダを追加で作って今日の昼食完成です。いつも簡単につくっているレンチン点心も十分美味しいですが、マーボーなんとかもかなりいけます!

調理時間にして30分未満のかんたん中華ですが、いつも作る手間なしオートミール料理に比べたら、少し手間を必要とします。お休みのちょっと暇なときにでも試してみてはいかがでしょうか?

当ブログでは、独身貴族SOBが長年の一人暮らしの経験を踏まえて、自炊や、メリハリのある生活の良さや楽しさを感じてもらうための記事をまとめています。
お金の話も実体験を踏まえて少しでも書いていけるといいと思っています。
健康とお金は積み立てができます。今日からでもできますし、早ければ早いほど積みあがっていくものも大きくなります。少しずつでもいいので、無理せずゆる~く頑張っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました