もやしを食べよう!

スーパー食材もやし 健康

私はカット野菜のほか、もやしをよく使います。節約・ヘルシー料理としてのもやしの存在感はかなりのものだと思いますし、ゆでてよし、炒めてよし、ほかの食材の邪魔にならないなど、食材として大変重宝しています。今回は、もやしの素晴らしさと簡単な食べ方をお話したいと思います。

アドセンス広告です

もやしは素晴らしい!

もやし生産者協会というサイトがあります。もやしの栄養価や食べ方など、ここで書く必要なないほど詳しく書かれています。ぜひ見に行ってみてください!

食事にもやしを多用し始めた頃、私にとってもやしは【安くて量が摂れる野菜】という位置づけでした。栄養価にはあまり目を向けず、値段と量だけコスパのよい食材として見ていました。

でも、価格と量だけを見て単にコスパの良い食材とするのはややモッタイナイと思います。

上記のサイトによると、もやしには必須アミノ酸やビタミン・ミネラルなど、多くの栄養素が含まれている素晴らしい野菜であることがわかります。種を食べるのは(ものによっては)難しいけれど、発芽というメカニズムを利用することによって、食べやすい形で種に含まれる栄養素をまるごと食べられるということです。発芽ってすごい!

もやしは安くて健康に良いスーパー食材!

スーパーなどで目玉商品として売り出され、時に1袋10円を切るようなお値段で売られていたりします。なのに、美肌・ダイエット・動脈硬化・高血圧・糖尿病など、生活習慣病の予防にも貢献する、まさにスーパー食材です。

健康に気を遣う独身貴族としては、これは利用しない手はないですね!

でも長持ちしないですよね・・・

唯一の残念な点として、日持ちがしないというところが挙げられます。むしろ日持ち以外に割るところは全くない(個人の感想)のですが、体験上、あまり冷凍に向かない食材だと考えています。調理後、それほど日を置かずに食べきるのがオススメです。

そもそも、発芽をしているという点を考えると、まさに成長するために種の栄養素を使っているので、買ったらできるだけ早く食べるのがもやしの作法として正しいと思います。

どうやって食べているか

ゆでる場合、ラーメンの具(山盛りもやしラーメン)や、もやしのお浸し(ポン酢と鰹節をそえて)なんかがとても簡単でいいと思います。

フライパンやホットプレートを使って、もやしと豚肉の蒸し焼きも簡単で美味しいです。ポン酢でいただくのがシンプルかつ美味しいと思います。ポン酢は調味料として最高です。ポン酢のお話もどこかでしたいと思います。

フライパンを使って、野菜炒めなども美味しくいただくいい方法だと思います。洗い物が・・・という方は、耐熱ボウルやどんぶりにもやしと野菜炒めの素を入れてレンチンして混ぜるだけでも野菜炒め風になり、火を使う必要すらありませんし、ボウルの代わりにラーメンどんぶりならば洗い物も一つで済みますね!

調理例を作ってみました。牛肉と違って、鶏肉と豚肉は、値段の差と味の差がそれほど乖離しないので、いい肉を買う必要がありません(個人の感想)。この豚肉も切り落としの安いものです。

※危険ですので、生の赤い部分が残っていないことを十分確認して食べるようにお願いします。

まとめ

もやしがいかに素晴らしい食材か、その一部だけですが紹介できたと思います。独身貴族の皆様の普段の食生活に、健康維持に貢献するスーパー食材としてぜひ利用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました