脱・固定回線!テレビアンテナへの道

chideji くらし

現在、固定費削減の検討のため、ネット回線とセットになっている電話とテレビ、固定回線の削減ができないかテスト中です。

これまでのところは、

楽天UN-LIMIT Vでもパートナー回線では不可能
(パケット消費が激しくて基本料金内ではムリ)
電話は何年も使用していないから問題ない

という結果でした。

ネットについては楽天回線エリアに入ってから再度チャレンジ予定になっています。今回は、

テレビアンテナを設置してみた。

という内容です。ちょっと頑張って設置まで行きましたのでレビューしていきたいと思います。

アドセンス広告です

アンテナ購入とテスト接続

DXアンテナの平面アンテナです。屋外用のものを屋内で使用します。

アンテナは、先に記事にしたWi-fi中継器と一緒に購入しています。けっこう大きくて長さが65cmくらいあります。あまりリビングには置きたくないレベルの大きさです。長さだけは50インチのテレビにひけをとらないですネ。

いきなり設置するのは難しいので、アンテナとテレビを直接つないでみました。アンテナの方向を変えていって、一番信号が強い角度を探すためです。

日本全国に中継局があって、それぞれ発信しているチャンネルが微妙に違います。自分の住んでいる場所からどの方向に近くて条件の良い中継局がありそうなのかを探しながらどの中継局の電波を拾うのかを決定します。

※ちなみに電波が強いのがNHKで、アンテナがなくても受信してしまうという恐怖のチャンネルです。

方向を決めるのに大変便利なのが地デジアンテナ調整というアプリです。自分の位置から、つなぎたい中継局の方向を教えてくれるので、やみくもに探す必要がなくて便利でした。

もう一つは電波チェッカーといって、一番いい信号が受信できているかをチェックできるものですが、5000円くらいするので買いませんでした。その気になればテレビを見ながらできます。

思ったより信号が弱い!NHKしか入らない・・・

いつもZWIFTをやる天板の上にアンテナを載せて、希望する中継地の電波を拾うべく角度調整を行います。私の持っているFUNAIのテレビでは、入力値(信号の大きさ)が24以上あると安定して受信できると書いてあります。

いろいろ調整してみましたが、どれも17くらいまでしか出ませんでした(除NHK)。これくらいだと、データが拾えないので全く映像にならないです。逆にNHKはどこに向けてもきっちり拾います。格差ありすぎでしょ!

ブースター追加購入

ブースターを買うときは、ケーブルも一緒に1本買うこと!

本来屋外で使用するものなので、室内だと損失があるのかとも思いましたが、それにしても信号が小さい!でも、小さい信号なら増幅してやれば良いので、電気屋さんでブースターを買ってくることにしました。

とりあえず安めのを買いましたが、ここでケチらない方がよかったかもしれません。先にお話しした電波チェッカーも販売していましたがスルー。これがあるとひとり設置がはかどりますが、お金を惜しみました^^;

アンテナにブースター本体を接続、してテレビへ信号を出します。信号のチェックは17から23程度まで上がり、増幅の効果はあったようです。信号の強度としては少し足りていないですが、画像上はそれほど違和感なく見られますので、このまま固定することにしました。

設置場所の決定

アンテナ in ウォークインクローゼット

ウチは、ネットや電話線、アンテナ線がウォークインクローゼットから分配される作りになっているので、アンテナの設置場所もここになります。屋外に出したすのもアリなんですが、配線の引き回しを面倒に感じた結果です。

設置方法は、写真のように突っ張り棒を立てて、そこへ固定するやり方です。屋外設置用なので台がないのです。

ここで、先ほどの地デジアンテナ調整アプリを参考にしながらできるだけ正確に中継局の方へアンテナを向けます。ブースターはアンテナと一緒に設置する予定でしたが、信号強度が出なかったのでテレビの直前に接続したらうまくいきました。これだと各部屋にブースターいりますね(-_-;)

最後にもう一度信号の調整をして終了。さらっとやったように書きましたが、2日かかっています。今日はホント眠たい中での仕事(本業)でした。

さいごに

なんとかアンテナ設置はうまくいきました。とはいえ、天候の悪い日などは信号も落ちると思うので、一部映らないチャンネルが出そうです。電波の強い地域でない限りは、DIYできっちりやるのは難しいのかもしれませんね。

条件の悪い時も問題なく鑑賞できるのなら、固定回線の削減に向けてあと少し(というか楽天回線エリアに入るかどうか次第)です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました